法政大学 理工学部 創生科学科 | 資料請求・入学案内

教員から受験生の方へ

文理の枠を超えた分野の教授たちが、
それぞれの生徒の学びと成長を全力でアシストします。


小林一行 教授

私の研究分野は知的ロボットです。研究室では、米国で開催される「Intelligent Ground Vehicle Competition」に参加しています。コンペ参加のために、機械、電気、デザイン、情報など多岐にわたる要素を統合するので、担当の領域を深く勉強することになり、同時に他分野についても俯瞰的に判断できる力も育ちます。“ロボットを作る”という具体的な例題を通じ、メンタル面やコミュニケーション力までも鍛錬してほしいと考えています。

小林一行 教授
主な授業科目:知的ロボット


佐藤修一 教授

私は、新しい観測手段である重力波を使って宇宙を観測することを専門としています。これまでの学科の卒業生に備わっていたのは“専門知”で、創生科学科生に備わるのは“総合知”。科学の領域全体に通ずる基盤を身に付けた上で、様々な方向へ展開できる能力を持った人材です。やりたいことが明確な人はもちろんウェルカムだが、自分の本当にやりたいことを大学で見つけたい、そんな強いモチベーションを持っている学生を歓待したいと思います。

佐藤修一 教授
主な授業科目:物理学基礎 I


岡村定矩 教授天文学の中でも、可視光線や近紫外線を用いて銀河を観測することが私の専門です。自然界の原理を学び、あらゆる物事をきちんと捉えられる科学的な見方を身につける。それにより、“科学リテラシー”を会得して欲しいと考えています。また、理科教師の養成も大切な使命と考え、自ら体験(実験)する機会を多く設けています。自ら考え行動できる。そして、自分の人生を拓いていくために大学を利用しよう、そんな気概を持った人に来てほしいと思います。

岡村 定矩 教授
主な授業科目:解析力学


横山泰子 教授

私の専門は江戸時代の妖怪研究。自然界の不思議なことを日本人がどう捉えてきたかを文化論として研究しています。これを基に、創生科学科では「環境歴史論」を教えています。自然に対する感受性は文化であり、自然科学を学ぶことは文化や社会を知ることに通じます。社会から離脱した科学はあり得ない、ということを学生たちに伝えています。社会の中で科学とは何か、というまなざしを持って世の中に出て行ってほしいと思っています。

横山泰子 教授
主な授業科目:日本文化論


鈴木郁 教授

私の専門は人間工学。いかに人間の摂理に適った物を作るか。作り手が思い描いたモデルが、いかに使い手に正しく伝わるようにするか、といったことを教えています。本学科は、様々な物の見方・考え方のサンプルを数多く学べ、自分の引き出しを増やせる学科です。ある分野にのみ特化するのではなく、その時々で適した方法論を用いる応用力が備わる。私の元で学んだ学生は将来、人にやさしいモノやソフトウェアを創り出してくれることでしょう。

鈴木 郁 教授
主な授業科目:メディアインタラクション


伊藤隆一 教授

心理学は、主に統計学や数を使って人間の心理を探求し、物理学の法則でそれを説明しようという学問です。創生科学科では、1・2年で得た数学的な知識を、3年以降で応用していきます。受験を考えている人には、広い分野に関心を持ちながら2年掛けて基礎を学び、20歳になった時に自分の方向を決めればよい。そう伝えたいです。将来的には、数字や情報など理系の基礎知識を持った総合職など、これまでにない新しい人材にきっと育つでしょう。

伊藤隆一 教授
主な授業科目:パーソナリティ