柴田 千尋 准教授

柴田 千尋 准教授

【専攻】
知能情報学(機械学習・深層学習)
【研究テーマ】
・深層学習を用いた自然言語処理・画像認識と生成
・確率・統計的な学習の理論

【詳細】
深層学習(ディープラーニング)を中心とした機械学習の手法を用いて、自然言語処理、画像認識、敵対的生成ネットワーク(GAN)などの応用研究を行っています。自然言語処理では、BERTなどアテンションを使った大規模なネットワークが有効で、文の深い意味のレベルまで捉えられるようになってきています。それらの技術は、自動翻訳、質問応答、文書分類、文の意味理解、文生成、要約、など多彩な事柄に応用されています。また、GANは大きな可能性を秘めた技術で、特に画像生成や異常検知に用いられる極めて有望な技術です。GANを用いると様々な画像生成(線画の着色、絵画の生成など)が行えるようになっています。